女の人

加齢臭が気になってきた┃石鹸を変えてみる

有効成分を知ろう

化粧品

水溶性の美容成分

乾燥肌とは肌の保湿力が低下していて乾燥気味になっている状態の肌のことです。つまり、肌が水分を欲している状態ということです。しかしながら、乾燥肌のスキンケアは肌に水分を与えることではありません。水分ではなく水溶性の美容成分を届けることです。したがって、ここで重要になってくるのが適切な美容成分が配合された化粧水です。化粧水であればどのようなものでも良いのではなく、保湿成分がきちんと入っているものを選ぶようにしましょう。保湿成分の中で最も効果が高いものはセラミドです。セラミドは水分保持力が他の美容成分に比較して圧倒的に高いです。しかしながら、化粧水との配合の相性は悪いので、セラミドではなくヒアルロン酸、グリセリンが入っている化粧水を使いましょう。

美白成分と過角化対抗成分

乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているので、刺激に対して非常に弱い状態です。紫外線の影響を受けやすいので、シミやそばかすやくすみが出来やすいです。したがって、エイジングケアをするのであればバリア機能を向上させる必要があります。その方法としては美白成分が含有されている化粧水を使うことです。美白成分の具体例は次のようなものがあります。ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどです。プラセンタエキスは保湿効果もありますので、なおさらおすすめの成分です。さらに、乾燥肌によってバリア機能が低下したことで過角化が起きている人の場合は、毛穴が詰まりやすいので、それを解消させる効果のあるグリシルグリシンが配合されているものがおすすめです。